HOME > ライフシーン検索 > 退職が決まったとき > 引きつづき当組合に加入したいとき

引きつづき当組合に加入したいとき

 退職すると退職日の翌日から健康保険の被保険者の資格を自動的に喪失しますが、退職の日まで継続して2ヵ月以上被保険者であった人は、退職したあと2年間は引きつづき任意継続被保険者として健康保険に加入し、退職前とほぼ変わらない保険給付および保健事業を受けることができます。


手続き

 被保険者資格を取得するためには資格を喪失した日(退職日の翌日)から20日以内に「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書」を健康保険組合へ提出することが必要です。また、被扶養者がおられる場合には改めて被扶養者の確認手続きを行いますので、被扶養者(異動)届と扶養の事実を証明する書類の添付も必要となります。

 「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書」は記入の確実を期する観点から、資格喪失日や標準報酬月額の欄は各事業所の健康保険担当者が記入し、任意継続希望の方には黒枠内の所定項目だけを記入していただく簡単な手続きです。

 下記の書類に必要事項を記入し、資格を喪失した日(退職日の翌日)から20日以内に健康保険組合へご提出ください。

 書類のやりとりは意外に時間を要するものです。在職中に必要書類をご請求いただき、書類提出を完了しておかれることをおすすめします。

手続書類:

1.

【任意継続用】健康保険任意継続被保険者資格取得申請書

【被扶養者がおられる場合】

2.

【任意継続用】「健康保険被扶養者異動届」

3.

【任意継続用】被扶養者異動に関する提出書類一覧

4.

【任意継続用】扶養事実申立書兼誓約書

※資格を喪失した日(退職日の翌日)から20日以内に健保組合へ提出してください。申し出がないと資格取得ができませんのでご注意ください。

※資格取得申請書を提出しても、保険料を初回の期日までに正当な理由なく納付しなかった場合、任意継続被保険者にならなかったものとみなされますので、ご注意ください。



● 任意継続被保険者になることを検討されている方へ


  平成22年4月から、倒産・解雇などにより離職した方および雇い止めなどにより離職した方について、離職の翌日から翌年度末までの間、前年給与所得をその30/100とみなすことで国民健康保険料(税)の負担軽減をする措置が講じられています。
  該当される方は、国民健康保険に加入したほうが保険料負担軽減となる場合がありますので、事前にお住まいの市区町村へお問い合わせください(軽減措置を受けるには市区町村への申請が必要です)。



? 保険料は?

 任意継続被保険者の保険料は退職が決まったときの標準報酬か、前年度9月30日現在の当組合の全被保険者の標準報酬の平均額のいずれか低い額を基準にして決まります。それに当組合の保険料率をかけた額が保険料です。なお、保険料は全額自己負担となります。
また、40歳以上65歳未満の人は介護保険料も全額自己負担となります。

当組合の保険料率はこちらをご参照ください。 >> 「保険料月額表」


? 保険料の納付期限と払込方法

 新規に任意継続被保険者の資格を取得された方の初回の保険料納付期限は、原則として退職日の翌日から起算して20日以内としています。
 また、その他の任意継続被保険者の場合で単月払を選択されている方は毎月10日が支払期限となっています。納付を忘れますと、任意継続被保険者の資格がなくなります。


? 受けられる給付は?

 退職前とほぼ変わらない保険給付を受けることができますが、傷病手当金と出産手当金は支給されません。ただし、資格喪失後の継続給付に該当する場合は、資格喪失後の傷病手当金・出産手当金として受けることができます。


? 資格がなくなるときは?

(1)任意継続被保険者の資格期間が満了したとき
(2)再就職をして他の医療保険の被保険者となったとき
(3)任意継続被保険者が亡くなったとき
(4)保険料を期限までに納めなかったとき
(5)後期高齢者医療制度の被保険者となったとき



インデックス ページの先頭へ